Ultra Japanに初参戦

9/17~18の2日間にわたり、東京のお台場パークにて3年ぶりにUltaJapan2022が開催されました。

世界3大EDMフェスに数えられるこの祭典は、日本では20歳以上しか入場することが出来ず、高校生時代の僕は涙をのみながらYouTubeLiveに張り付いていたことを覚えています。

その後なんやかんやあり、晴れて今年遂に!待望の初参戦を迎えることが出来たのです!!さらにはラインナップが豪華で大本命のAfrojackのほか、日本でもかなりの知名度を誇るMartinGarrixやZeddなど、錚々たるメンバーが集まってくれました。

コロナ禍になってからフェスやライブはリアルで感じることが少なくなっていたので余計に楽しく感じましたね。そしてメインステージの大きいこと!こちらは屋外フェスの良いところが出てますね~こんなの屋内じゃ絶対体感できません笑

2日目は大雨による一時中断こそあったものの、無事全工程を終えることが出来て大成功だったのではないでしょうか。もちろん今までの人生の中で最高の日でした!

これを皮切りに音楽産業がもっと盛り上がっていってほしいですね~

大歩危小歩危

お久しぶりです。前回の記事から早4か月が経とうとしていますが、継続とはなかなか難しいものですね。全国のブロガーさん心から尊敬いたします。

 

 

前置きはさておき、夏休みを利用して徳島は祖谷、観光名所かずら橋に行ってきました(3か月前です)。

祖谷のかずら橋

その名の通り「カズラ」という植物で作られた吊り橋です。ボルトで補強しているとはいえ、渡ろうと一歩踏み出すだけでギシギシ軋みます。強がりな性格故手すりに頼らず渡り切りましたが、内心ひやひやでした。。

 

因みにこの橋がある地域一体は「大歩危峡」と呼ばれ、大股で歩くと危険なことから命名されたとか。近くの「小歩危峡」は小股で歩いても危険とされ、両者ともに雄大な自然が生み出した美しい山容水態。都会の生活で疲れた心身をリフレッシュするにはおすすめです!

#最後のジュラ

このハッシュタグをご存知でしょうか。

そう、現在公開中の映画「Jurassic World : Dominion」(原題)の公式タグです。1993年に公開された恐竜映画の金字塔「Jurassic World」シリーズの最新作であり、完結編でもあります。

大ファンと言うとおこがましいですが、長年に渡るこのシリーズは全作観ている程には好きであり、コロナで撮影が延期になった際はひどく落ち込んだものです。笑

公開初日に映画館に足を運んできたので、少しでも魅力を伝えたいと思います!(もちろんネタバレはなしですが、予告映像の内容は記述してあるので、是非こちらをご視聴ください!)

www.youtube.com

 

 

1. 作品初、雪景色の中の恐竜

 今作のドミニオンではシリーズで初めて雪国での冒険が描かれています。主人公オーウェンらが凍った池の上で獰猛なピロラプトルに狙われる場面は新鮮でしたね。しんしんと降り積もる中での撮影は困難を極めたに違いありません。個人的に、恐竜は気候変動が原因で絶滅した説に則って、彼らが地上を支配した時代の終幕と作品の最終章を重ね合わせるために持ってきた演出なのかなと考えています。

 

2. 新旧主人公たちの共演

 このシリーズ、大きく「ジュラシックパーク」と「ジュラシックワールド」に分けられています。前者ではサム・ニール演じるアラン・グラント博士とローラ・ダーン演じるエリーサトラー博士、後者ではクリス・プラット演じるオーウェン・グレイディとブライス・ダラス・ハワード演じるクレア・ディアリングであり、これまで両タッグは時系列的に対面していませんでした。しかし6作目の本作にて待望の共演が果たされ、協力しながら立ち向かっていく姿はぐっと来るものがありました。

 

3. 原題「Dominion」の示す意味

 前作までと大きく異なる点として、人間社会で恐竜が大暴れしている描写があります。その原因については割愛しますが、今作では「人間社会に暮らす恐竜」「共存」がテーマです。過去の存在であったはずの恐竜たちと、彼らを現代に蘇らせてしまった人間、Dominionに相応しいのは果たして――。ぜひ劇場にてその目で確かめてください!

 

おまけ

 今作ではシリーズ最多約30種類もの恐竜・古代生物が出てきます。中には両手に長い爪を持ったテリジノサウルスなど、一風変わったものもいます。お気に入りの恐竜を探しながら観るのも1つの楽しみ方です。

音楽遍歴①

若い頃に聴き漁った音楽って、その人のその後の人生でずっとついてくるらしいですね。学術記事によると思春期、それも14歳頃が最も影響するとか。

僕の好きなアーティスト「Linkin Park」のマイク・シノダさんもそんなこと言ってたような記憶があります(情報源が思い出せない...)。

今回は自分自身について振り返ってみます。

 

 1. 幼少期(~小学校中学年)

 記憶を辿ってみると、車の中で流れていた音楽が始まりな気がします。スキマスイッチのアルバムです。歌詞の意味こそ理解していなかったものの、リズムが楽しくてずっとリピートしていました。今になってみれば、タイトルや歌詞などすごく練られていて、同じ曲でも当時とはまた違った印象を受けますね、良い曲だらけなので是非!

 

open.spotify.com

 

 2. 小学校高学年~中学校

 この頃に大きな出会いがありました。きっかけはなんと「組み立て体操」です笑。演技中に流れる曲に一目惚れならぬ一聴き惚れしてしまったのです、しかも2曲いっぺんに(とんだ浮気者です)。

 1曲目は冒頭で触れたLinkin Parkの「New Divide」です。これまで聞いたことのなかった洋楽というジャンルに衝撃を受けたのですが、当時は曲名はおろか、誰が歌っているのかさえ知りませんでした。なのでこれ以上深入りできなかったんですね。この初恋の相手とは後に再開するのですが、それはまた別のお話...。

 2曲目は、EXILE「Victory」です。サッカーワールドカップのテーマソングに相応しく、めちゃくちゃ盛り上がる1曲です。組み立て体操の練習で毎日のように大音量で聴いてたら、そりゃ好きにもなります!そしてこれを皮切りに、中学時代はEXILEや三代目JSoulBrothersなどを聴き漁ることとなります。ATSUSHIや今市隆二の力強くも繊細な歌声は、アップチューンからバラードまで彼らのあらゆる曲にマッチして心地よかったですね。

 

open.spotify.com

 

振り返ってみると、JPopメインで聴き漁りつつも洋楽という新たな風が刺激をくれた10代前半でした。そして、これが現在の音楽嗜好に見事に着地するのです。

 

(続く)

音楽の力

よく歌番組の3時間スペシャルとかで「音楽の力で日本を元気に」とか言いますよね。

「音楽の力」って本当に偉大だと思っていて、僕も実際これまでの人生において何度も力をもらってきました。今回はこれについて思うところを綴っていきたいと思います。

 

Ⅰ.聴いていて気持ちがいい「音」

音楽の根幹、これがなければ始まりません。使われている音、メロディーラインの心地よさ、音の長さや強さ...などなど。初めて聴いた際の印象が2度3度聴くと変化する、なんてこともざらにあります。気分が急上昇したり、興奮が落ち着いたり、言ってしまえばただの空気の波なのになかなかどうして不思議な現象です。

 

Ⅱ.歌詞とのマッチ

一つ目の利点に「詞」という文学的要素が加わることになるので、そりゃ心への影響は強くなりますよね。大事な試合前の応援ソングで奮い立ったり、別れた後の失恋ソングで涙が止まらなくなったり。「詞」に自分の境遇を重ね、「音」を通じてそれが特別な意味を纏うことによって、大きく感情が揺り動かされるのだと思います。

 

Ⅲ.不安定感、曲同士の相乗効果

例えば歌声について、人間が歌う以上全く同じ風にはならないと思います。時に裏返ったりする曲としての不安定さが、逆に聴く者を惹きつけるのではないでしょうか。また、ライブなどで複数曲が演じられる際、テイストの異なる曲を連続させたり組み合わせたりすることで新しい魅力が生まれることも特徴的だと思います。

 

 

初めてipodを手にし、イヤホンを通じて聴こえてくる音楽で頭が満たされたあの瞬間を、僕は生涯忘れることはないだろうと思います。それくらいに高揚感、非日常、中毒性に溢れていました。なんかシ〇ブの話みたいになってしまいましたね、締まり悪笑

 

僕を音楽の虜にした1曲でも置いて誤魔化しておきます⚽↓

open.spotify.com

 

UMF Miami 2022 Afrojackを考える

Ultra Music Festival。世界三大EDMフェスの1つでありながら世界各地で開催され、中でもマイアミで行われるものは格別のスケールです。いつかは現地に行ってみたいな~なんて思いながら、その存在を知ってから早6年。未だにお金も時間も準備できないのは何故なんでしょう...。行きたい気持ちが高じて今年のAfrojackのセトリの魅力を綴りました。クールにコメントしたかったけど、いや無理。最推しDJなので許してください。楽曲は以下のサイト参照です。

https://www.1001tracklists.com/tracklist/2ts0l1g1/afrojack-mainstage-ultra-music-festival-miami-united-states-2022-03-26.html

視聴はこちらから↓

www.youtube.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Afrojack - ID (Intro Edit)

開幕からめちゃくちゃかっこいい!2017年頃を思い出させるようなイントロからお馴染みのIntro IDに繋ぎます。2nd Dropは今回はありませんでしたね…。

 

Afrojack & Fedde Le Grand ft. MC Ambush – 1234

w/Afrojack – ID

w/Green Velvet & Harvard Bass - Lazer Beams (Accapella)

こちらもお馴染みの展開。強いて言えばドロップ直前の掛け声が少し変わりましたかね。因みにMC AmbushはいつもAfrojackの横で盛り上げてくれるおっちゃんです。

 

Ke$ha vs. A$AP Ferg vs. TWOLOUD & Haechi & MNNR vs. FISHER vs. Valentino Khan - Tik Tok vs. Work vs. Give It Up vs. Losing It vs. Deep Down Low (Afrojack Edit)

w/ID - ID

w/Bang La Decks - Utopia (Accapella)

今度は打って変わってヒップホップ、少し落ち着かせてからのトライバル風のID!この曲あんまり流れてないですし詳細気になります!

 

David Guetta & Afrojack ft. Missy Elliott & Bia & Doechii - Trampoline

w/Skrillex & Habstrakt - Chicken Soup

w/Afrojack & Steve Aoki ft. Miss Palmer - No Beef

w/T78 & Dino Maggiorana - Hardcore

w/Afrojack - Bangduck

w/Afrojack - Rock The House

序盤の昇天ポイントその1。まずChicken Soupはズルい笑、アガらないわけない!そしてNo Beef×Hardcore、Rock The Houseと盛り上がりまくりの時間帯です。

 

Afrojack & R3HAB – ID

w/R3HAB & Bassjackers - Raise Those Hands (Accapella)

w/Masked Wolf - Astronaut In The Ocean (Accapella)

このIDいい!R3HABとのコラボ、最近増えてます。TML2022でもB2Bで回してましたし本当仲良しですね笑

 

David Guetta & Nicki Minaj & Afrojack vs. Bro Safari & Zomboy vs. Jauz & Lazer Lazer Lazer vs. Armin Van Buuren - Hey Mama vs. Follow vs. Keep The Rave Alive vs. Blah Blah Blah (Afrojack Edit)

w/Lil Nas X ft. Jack Harlow - INDUSTRY BABY

w/Cesqeaux & Afrojack – ID

Cesqeaux(セスコー)というアーティスト、実はLife Goodという楽曲で過去にコラボしているんですね。ドロップは良い意味でネジの外れたアゲ方をするので良ければ聴いてみてください!

 

JOYRYDE ft. Freddie Gibbs - Damn (Afrojack Edit)

w/Cardi B - Up (Accapella)

この曲はリリースしてほしい度かなり上位のEditです!ただ、その予定はないとかなんとか…。悲しい…。

 

The Weeknd - Blinding Lights (Edit)

w/Afrojack - The Birds

これです、アゲてアゲてアゲた後はしっとりとした曲で落ち着かせる。このメリハリを作り出すのがAfrojackは本当に上手い。そしてこの曲はリリースされた記憶がないんですが、いつの間にかタイトルがついていました笑

 

Afrojack & Black V Neck - To The Floor (Accapella)

w/KURA & Afrojack – ID(Freeze)

こんなの踊らずにはいられないですよね、この時間帯に丁度いいハウス。因みにIDは先日のUltra Europe 2022でKURAとのコラボであることが明言されました!

 

Farruko ft. Victor Cardenas - Pepas (Edit)

w/Silvio Ecomo & Chuckie - Moombah (ID Remix)

w/Afrojack ft. Mike Taylor - SummerThing! (Edit)

序盤の昇天ポイントその2。Moombahのこのリミックスのような音外した感じがたまりません…!中毒性がハンパない。

 

Lil Wayne ft. Drake & Future - Love Me

w/Afrojack - ID

w/ACRAZE ft. Cherish - Do It To It (Accapella)

w/Major Lazer ft. Vybz Kartel - Pon De Floor (Accapella)

サイドプロジェクトのKapuchonっぽいテイストのIDですね。ていうか絶対そうですよね笑、フルで流してるぽいのでお気に入りでしょうか、リリース間近であることに期待です。

 

Afrojack - ID

w/J Balvin & Skrillex - In Da Getto (Accapella)

w/MAKJ & Lil Jon - Let's Get F*cked Up (Accapella)

In Da Gettoは色んな使い方してますね。個人的にはEDC Mexico2022での展開が衝撃でした、是非聴いてみてください。しかもレアなIDも流してますね、いいアガり方してます!

 

Chasner - Live For The Night

w/TJR ft. Savage - We Wanna Party (Accapella)

w/Benny Benassi ft. Gary Go - Cinema (Accapella)

初めて聴いたときはAfrojackのIDかと思ってたんですがChasnerの楽曲だったんですね!つい最近リリースされました。Wall Recordingsは本当ドストライクな曲ばっかりです笑

 

Martin Garrix & Brooks – Quantum

そして僕的にこのセトリ一番の昇天ポイントがここです。Cinema合唱からの不意打ちのようなQuantum。状況を飲み込む間もなくドロップに入るので驚きと大興奮とが入り混じってIQ2になるのです。リアタイしていた当時はまだIDだったので余計に鳥肌モノでした。

 

SMACK & No Thanks ft. WEiRD GRRL - No Man

w/BrEaCh - Jack (Accapella)

w/Afrojack - Bringin It Back (Accapella)

Jackのアカペラに対して本人が“Afro?”って付け足してるの面白いですよね笑、こういうクスッと笑えるお茶目なところも彼の魅力の1つだと思います。

 

Afrojack ft. Spree Wilson - The Spark (Accapella)

w/Yeah Yeah Yeahs - Heads Will Roll (A-Trak Remix)

w/Chico Rose & Afrojack - ID

w/Internet Money ft. Don Toliver & Gunna & NAV - Lemonade (Accapella)

Afrojackの楽曲で一番好きなThe Sparkの登場です。リリースは7年も前なのに未だに使ってくれてるのは嬉しいですね。そしてこのID、長らくChico RoseとのコラボとされていましたがR3HABに交代だという噂も。もうコラボ多すぎ笑。

 

Afrojack ft. Wrabel - Never Break Your Heart

いやあリアタイで視聴しててびっくりしました。とっくにお蔵入りになったものとばかり思っていたこの曲、Wrabelの歌声が絶妙にマッチしています。世界中のAfrojackファンが待ち望んでるでしょうね!

 

Afrojack & Black V Neck - ID (Day And Night)

To The FloorでもコラボしたBlack V Neckとの1曲。ハウス好きな人はたまらないサウンドなのではないでしょうか!ノりやすいですよね!

 

Afrojack & ID - ID

w/Tove Lo - Habits (Stay High) (Accapella)

久々に登場したこのID、落ち着きますね~。個人的にはこれもChico Roseとのコラボじゃないかなーって思ってます。

 

David Guetta & Afrojack ft. Luxtides - Hero (Live)

ご本人登場のHeroです!もともとの音声と生歌と被っちゃってますけど綺麗な歌声ですね~~

 

Ivan Gough & Feenixpawl ft. Georgi Kay - In My Mind (Accapella)

w/Swedish House Mafia - It Gets Better (David Guetta & Zedd Remix)

w/Afrojack & Martin Garrix - Turn Up The Speakers

またしても落ち着かしてからのぶち上げ! Turn Up The Speakersは微かに聴こえてくる音で次来るなーって分かりやすいですね笑

 

DJ Afrojack & DISTO vs. Avicii & Skrillex - My City vs. Levels vs. Tutankamon (Afrojack Mashup)

こちらもお馴染みのマッシュアップ。Levelsの大合唱の声が入ってますが、こうしたフェス中みんなで一緒に歌う一体感、大好きです!笑

 

David Guetta & Afrojack ft. Charli XCX & French Montana - Dirty Sexy Money (Accapella)

w/Afrojack & Dr. Phunk - ID

w/Mightyfools - Footrocker (Get Your, Get Your Hands Up Accapella)

w/Waka Flocka Flame - Hard In Da Paint (Accapella)

w/Zomboy - Valley Of Violence

このID、初めて聴いたときに興奮で鳥肌が立ったのを覚えてます。メロディーが面白くてフェス映えする1曲ですね~、リリースしてからもセトリに入れてほしいです。

 

Drake ft. Future & Young Thug - Way 2 Sexy (Accapella)

w/Timmy Trumpet & Afrojack - ID

w/Chardy & Kronic - S.W.A.T. Team (Everybody Fucking *Beep* Jump Accapella)

ウルトラの中でもやはりマイアミは特別なようで、ここでしか披露しないようなIDがいくつかあります。Timmy Trumpetとのこの1曲もそうっぽいですね、お蔵入りにしないでくれ…!

 

Afrojack & Ricky Breaker - Flawless Victory

w/Major Lazer ft. Vybz Kartel - Pon De Floor (Accapella)

2018年に出したPress Play EPの中でも特に好きなこの曲、今でも使ってくれてるのはコアなファンとしては凄くうれしい笑、実はアウトロで使われることもあります。

 

Afrojack & Shermanology - Can't Stop Me (Edit)

w/Eurythmics vs. David Guetta & Martin Garrix & Brooks vs. Afrojack vs. Pitbull - Sweet Dreams vs. Like I Do vs. Take Over Control vs. Give Me Everything (Afrojack Live Show Edit)

w/Afrojack ft. Ally Brooke - All Night (Festival Mix)

またですよ…このピアノが染みる…笑、そしてまだ終わらせないよと言わんばかりのSweat Dream大合唱。そしてそしてAll Nightでまたヒートアップです。

 

David Guetta vs. Hardwell & W&W vs. Lazy Rich & Hot Mouth vs. Afrojack & MC Ambush vs. Avicii vs. Swedish House Mafia - Titanium vs. Hands Up vs. Hey Brother (Afrojack Mashup)

w/Fais ft. Afrojack - Hey

w/Dimitri Vegas & Like Mike & Martin Garrix - Tremor (Sensation 2014 Anthem)

w/Mightyfools - Footrocker (Get Your, Get Your Hands Up Accapella)

息つく暇もなく有名どころをこれでもかというくらい詰め込んだマッシュアップ、本当に現地勢がうらやましい限りです…。しかもドロップは頭おかしくなるくらい音の外れたHands Up!MC Ambushは音声ちょっとズレてたのか煽りが少し早まってしまってますね笑。

 

Afrojack & Lucas & Steve & DubVision ft. Taranteeno - Anywhere With You (Festival Mix)

ルカステ節炸裂のこの曲は初披露から瞬く間にリリースされたプログレです。個人的にはAfrojack味どこ?!って感じですが、キレイ目なのでOKです!

 

Afrojack - ID

w/Bingo Players - Buzzcut (1, 2, 3, Go Accapella)

こちらは比較的新しいIDですかね、なんとなく2016年頃のAfrojackのサウンドが思い起こされます。まだまだこれから手が加えられて化けそうな予感。

 

Afrojack ft. Stephen Wrabel vs. David Guetta ft. Justin Bieber - Ten Feet Tall vs. 2U (Afrojack Mashup)

w/DubVision & Afrojack – ID

これはもはや近年の定番となった締め方ですね、今一番リリースしてほしいと思っているIDです。いやあキレイ+アガるっていいですよね…、今回も素晴らしく楽しめた1時間セトリでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

初ブログにしては読み手ガン無視の好き垂れ流し駄文になりました。少しでも魅力が伝わったのなら幸いです。因みにAfrojackは身長208cm、フライングダイナソーには乗れません。